So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

原木シイタケと菌床シイタケの栄養成分の違いは?

 スーパーに出回っている約90%のシイタケは菌床シイタケです。
僕は田舎に住んでいますので、スーパーでも原木シイタケがよく売られています。

ふと疑問に思ったのですが、原木しいたけと菌床しいたけの栄養に違いはあるのでしょうか。

ざっと栄養成分を比較してみると、

・原木しいたけ(生)ー食物繊維・・5.5g ナトリウム・1g カリウム・・270mg
          カルシウム・・2mg マグネシウム・・16mg
          ビタミンD・・0.4μg ビタミンB・・0.54mg
          ナイアシン・・3.4mg 葉酸・75μg 

・菌床しいたけ(生)-食物繊維・・4.2g ナトリウム・1g カリウム・・280mg
          カルシウム・・1mg マグネシウム・・15mg
          ビタミンD・・0.4μg ビタミンB・・0.54mg
          ナイアシン・・3.1mg 葉酸・44μg

比べてみても、特に栄養成分にかわりはないように思えます。

しいて言えば、葉酸が原木しいたけの方が菌床しいたけより多く含まれているなあ、といった感じです。

葉酸は、旨み成分でもあるグルタミン酸が複合されたものです。
このせいで、原木しいたけの方が菌床しいたけより、風味があって美味しく感じられるのかなあ、とも思います。

栽培方法・生育環境が違うし、形も、原木しいたけは不揃いで、菌床しいたけはどれも同じような丸い形をしているのに、これほど栄養成分が似通っているとは驚きです。

スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

『緑豆もやし』って栄養あるの?

 スーパーで1袋20円くらいの低価格で売られている『緑豆もやし』ですが、はたして栄養はあるのでしょうか。

緑豆もやしは、緑豆を発芽させて作るもやしです。

大豆もやしというのもありますが、価格は、緑豆もやしの倍以上もします。

そもそも、大豆が緑豆の倍以上の値段がするからです。

これが緑豆です。大豆より小ぶりです。
グリーンマッペ(緑豆).jpg

緑豆もやしは安く買うことができるので、僕もラーメンの具材としてよく使っています。

この緑豆もやしの栄養成分はというと、

カルシウム・カリウム・ビタミンCなどが含まれていますが、他の野菜と比べるとかなり少ないです。

ただ一つ、含有しているアスパラギン酸に関しては、突出して多く含まれています。

緑豆もやしには、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸が100g中460mgも含まれているのです。

その量は、例えば、キャベツ・たまねぎ・にんじん・白菜の4倍以上に当たります。

栄養ドリンクの有効成分としても用いられているアスパラギン酸 は、

ミネラル類を体中にスムーズに運ぶという重要な働きがあります。

これにより代謝が活発になり、疲労回復に大いに貢献するのです。

この疲労回復という要素がアスパラギン酸が栄養ドリンクの有効成分になっているわけです。

安い緑豆もやしを沢山食べ、元気に働こう、ってところでしょうか。

追記
アスパラギン酸は、主に豆類・肉類・アスパラガスに多く含まれています。
もちろん大豆もやしにも、緑豆もやし以上に含まれています。

アスパラギン酸は、アスパラガスの発芽から発見されたことから、その名が付いています。

スポンサードリンク




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の2件 | -